読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肉が食べたい

趣味と食べ物と時々まじめに。その時々に感じたことを綴ります。

卒業記念公演『Shadow&Lights』個人的メモ

  ミュージカルアニメ「スタミュ」の劇中に出てくる、卒業記念公演『Shadow&Lights』について、いつでも確認が出来るように重要だと感じた部分をメモとして書き出した。

 現在ドラマCDとスタミュ2期五幕までの情報を纏めている。新たな情報が出た際にはその都度加筆修正していく。

 物語のネタバレになるので、読む方は注意してください。

 

《『Shadow&Lights』について》

(設定)

 舞台は20世紀初頭のロンドン。ミュージカルの聖地ウエストエンド。すでにショービジネスが行われていた時代。主人公は演劇の世界で生きる二人の青年、ランバートとアレクシス。幼い頃からの親友でともに役者になると言う夢を抱いていた。ところが、アレクシスは不慮の事故からランバートを庇い顔に火傷を負ってしまう。役者としての道を断たれたアレクシスは劇場の屋根裏に引きこもってしまう。

 物語は数年後に動き出す。アレクシスは屋根裏に引きこもりながらうだつの上がらない劇作家になる。世間からは狂人と恐れられている。一方ランバートは、役者として夢を追い続けてはいるが、自分を庇ったアレクシスへの罪悪感へ苦しんでいる。心の優しいランバートは毎日アレクシスの元へ行き、決して開くことのない扉に向かって語りかける。普段アレクシスは答えないが、ランバートが弱音を吐くと、扉の隙間から「宝物をあげる」と良い、宝物を差し出してくれる。(二人が幼い頃から続けてきた遊びのようなもの)

 ある日、ランバートは初めて大役に抜擢される。一方、アレクシスはルーカスというパトロンに気に入られ、渡米すべきだと言われる。しかしアレクシスは親友を残してイギリスを去ることに後ろ向きだった。ルーカスは自らの成功のために、アレクシスの足枷になっているランバートを奈落に突き落とす。ランバートは大怪我を負い、役を降りなければならなくなった。

 ランバートとアレクシスは悲しんだ。しかし、だからこそ気づく。暗い闇の中にいても、いつも一筋の光が射している。その光こそ、どんな時もそばに寄り添い続けてきたお互いの存在であった。そうして物語は、唯一二人で歌う『Shadow&Lights』で幕を閉じる。

 

(特徴)

  代々綾薙学園で演じられてきた演目。物語は古典的だが難解で独特な設定が組み込まれている。その年々の演出やキャストによって印象が様変わりする。その年の卒業生、サポートメンバーである2年生の力量が試される。ランバートとアレクシスの二人の心を映す極めて抽象的な存在として『影』が登場する。影は決して話さないが、とても重要な存在である。

 

 《登場人物》

ランバート

 役者の息子。自分を庇って顔に火傷の傷を負ってしまったアレクシスに罪悪感を抱いている。

演:柊 翼

 

・アレクシス

 ショー劇場のオーナーの息子。事故後は世間からも、ランバートからも心を閉ざす。

演:鳳 樹

 

・ルーカス

アメリカ人のパトロン。後半で、ランバートを奈落に突き落とす。

演:楪=クリスチアン=リオン

 

・クリフ

探偵

演:漣 朔也

 

・エディ

ランバートとアレクシスの幼馴染

演:暁 鏡司

 

《2年生育成枠について》

 役は5役。卒業する先輩をサポートし、先輩と共演出来る貴重な場となる。オーディションはチーム戦。(チームメイトが共演者の方が演じやすいという配慮、強いては卒業生組への配慮にもなるため)

 

 〔登場人物〕

ランバートの影

舞台に出ずっぱり。

 

・アレクシスの影

舞台に出ずっぱり。ソロパートの歌唱あり。育成枠一番の花形。以前月皇遥斗も演じたことがある。

 

・ハーディ

売れっ子ダンサー。ソロでの歌唱、難易度の高いダンスと印象的な見せ場がある。

 

・パーシー

探偵助手。コメディリリーフ。台詞が多い。

 

・オーランド

ランバートの役者仲間。終盤でランバートの成功を妬み、苦悩しながらもランバートを陥れてしまう。繊細な演技力が必要

 

《オーディションで受ける役について》

 ・ランバートの影役
申渡 栄吾
星谷 悠太→月皇 海斗(変更)
甲本 哲也
中小路 春馬
百合野 茉優

 

・アレクシスの影

辰巳 琉唯

月皇 海斗→星谷 悠太(変更)

揚羽 陸

南條 聖

十文字 良亮

 

・ハーディ役

戌峰 誠士郎

天花寺 翔

蜂矢 聡

東堂 創

千木良 渉

 

・パーシー役

卯川 晶

那雪 透

蟻坂 和臣

香西 遊晴

一色 奏

 

・オーランド役

虎石 和泉

空閑 愁

蛍灯 玲

北原 廉

万城目 浩司

 

現在出ている情報を簡単に纏めてみた。育成枠を獲得するのどのチームなのか。今後は『育成枠』と『裏ミッション』の関係にも注目したい。

HiGH&LOW 〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜を見ました。

ドラマ版ハイローのシーズン1をようやく見た。

 映画館でハイローの存在を知り、見たいなあと思ううちに機会を逃して半年が過ぎた頃、フォロワーさんから「よはるさんまだ見てなかったの?」と言われた。

ドラマ版からでもハイローの世界に入ることができると分かったので、年明け早々見ることを決意した。

 

まず見る前に、第一印象から好きになりそうなのは誰だろうなあと登場人物一覧を見ながら男漁りをした。

ツイートの通り、轟、村山、ROCKY、ダン辺りが気になっていたのだが、シーズン1を見終わって振り返ると、予想は外れていなかった。

 

キャラクターで言うと、現時点ではROCKY、村山、ダン、シオンが好きだ。(轟はシーズン2で出るらしいので楽しみ。)

それぞれ別々な魅力を持っていて、その世界に引き込まれる。

正直ここまで深い世界だとは思っていなかったので、酒を飲みながらいい男を探そうくらいの気持ちだったのだが、夢中になってしまい酒を注ぐのも忘れ、中盤で酔いも覚めた。改めて酔ってない状態でも見返したい思う。

 

今後改めてシーズン1を見返した際に、今の気持ちを振り返られるよう、《ストーリー面》と《キャラクター性》の二点について、書き残しておく。

 

《ストーリー面》

 ドラマを見る前までは、HiGH&LOWは高校をメインにしたヤンキーものだと勘違いしていた。実際は、とある地域におけるチームの勢力争いの話だった。チームの勢力争いとなると、切っても切り離せないのがヤクザの存在である。

勢力争いにヤクザが絡んでくると、どうしてもヤクザの存在が大きくなり過ぎて、チームの存在が薄れるか、インフレを起こして世界観自体が非現実的になってしまうことがある。しかし、HiGH&LOWにおけるヤクザの存在は程よく、チームが押し潰されることも、(ヤクザよりも)強くなって非現実的なものになることもなかった。ヤクザの存在は、登場人物たちが未来へ進めるような物語の展開や、それぞれのチームの在り方に大きく影響を与えていたように思う。

私はシーズン1を見て、HiGH&LOWは作中で強さを争うのはもちろんだが、それ以上に登場人物の心の成長に重きを置いた作品だと感じた。

 

ストーリーの構成の話になるが、シーズン1では山王を中心にして、物語が進んでいった。

中盤までは1話ずつ新しいチームが山王と対立関係になっていったため、チーム及び人物の紹介を兼ねた構成になっており、とても分かりやすく、HiGH&LOWの世界に入りやすかった。

後半ではヤクザ対チームという対立関係になったため、シーズン2以降、どのようなストーリー展開になっていくのかとても楽しみである。

 

HIGH&LOWでは登場人物の回想が多く組み込まれている。だからこそ、過去から現在、そして未来へ向けての心の成長が見られる。今後は他のチームのメンバーの過去も明らかになるのだろうか?

肉体的な強さだけではなく、心の強さまで魅せてくれるHiGH&LOWの世界観はとても好きなので、シーズン2も早く見たいと思う。

 

《キャラクター性》

前述したように、HiGH&LOWでは登場人物の過去の姿が多く描かれる。その為、登場人物の背景を知ることができ、どの人物もとても魅力的に見える。一人一人が背負っている過去があり、今生きているのだと実感することで、より好きになってしまうのだ。

 

今回は中でも、自分の好きな人物に絞って述べたい。

 

ダンについて

当初はここまでおちゃらけたキャラクターだとは思っていなかった。

中盤では、その軽はずみな行動に対し苛立ちを覚えることもあったが、どうにも憎めない性格で、最終的にはやはり好きになってしまった。

軽はずみな行動や、女に飢え、女に弱い性格が、結果として物語を良い方向へ持っていったところを見ると、嫌いにはなれないのである。そしてあの世界でどこまでもポジティブに生きている姿がかえって眩しく、安心した。

憎むに憎めない、良い性格を持っている人物だと思う。

 

◯村山について

村山に関して、まだ正直掴みきれていない部分が多い。「拳一つで成り上がる」というのは至ってシンプルで分かりやすく、ヤンキーものの王道だと感じた。しかし、彼自身は王道の番長ではないように思う。番長が背負う、学校の看板であったり、仲間の存在が彼の中では薄いように感じる。彼はいったい何と戦っているのだろうか?コブラとの戦いで、「番長としての村山」とは何なのか、彼自身が考える機会になったのではないかと思う。シーズン2以降、村山がどう変わっていくのか楽しみである。

 

◯シオンについて

RUDE BOYSに関しては、スモーキーの存在が大きすぎて、シオンは途中まで認識できていなかった。(申し訳ない)

レッドラムの製造に加担していたことが分かった時点で、なんて馬鹿な奴なんだと思ったが、全てはスモーキーのためだと知った時には手のひらを返した。おそらくシオンはシオンなりに考えて、決意をしたんだろうなあと思う。ただ、それは正しいことではなかったし、仲間の為にはならなかった。ヤンキーものでこういう不器用な性格の人物には惹かれてしまうので、最後の最後で好きになってしまった。今後、もしもシオンが再登場することがあれば、泣いてしまう。今度は自分のために、幸せになって欲しい。

 

◯ROCKYについて

もう好き……ただただ好き……第一印象から好きだなあとは思っていたが、シーズン1を通して見て、もう何も言えないくらい好きになってしまった。

彼の魅力の一つに、外見と性格とのギャップがあると思う。極悪非道で女子供にも容赦しないような外見なのに、実際は女性に対してとても優しく、女性には一切手を出さないし、薬からも悪い客からも守ってくれる。

ただ、女性に優しくすることに強い拘りがあるように思えるので、彼もきっと過去に何かあったんだろうなあと推測できる。

もしかしたら、以前彼女が騙されて薬を盛られて中毒になって死んでしまっただとか、男から暴行を受けて死んでしまっただとか……それくらい、女性に対して重い過去かあるように思えて仕方ない。美人な彼女がいたんだろうなあと思ってしまうので、夢女的には辛い部分もある。

女性を守るべき存在、保護する存在だと考えているあたり惚れるのも仕方ない。その外見と相まって好きになってしまう。

ROCKYについても、シーズン2以降に掘り下げられることがあるのだろうか。彼がどのような環境で生まれ、どのように育ち、どのように人を愛し人に愛されてきたのか、とても気になる。

 

今回はHiGH&LOWのシーズン1を見た時点での《ストーリー面》と《キャラクター性》について述べた。

私はまだまだHiGH&LOWのことについて、半分も知らない状態なので、今後はシーズン2を見て、今月発売される映画の円盤も購入し、見たいと思う。

 

最後に、HiGH&LOWを勧めてくれたフォロワーさん達に感謝を述べたい。素敵な作品に出会うことができた。本当にありがとう。

今後の展開が楽しみである。

久しぶりに

ブログを書きたい!と思い、気付いたらはてなブログに登録していた。


以前は別の場でブログを書いていたが、Twitterという便利な場所に甘えてしまい、いつの間にかログインすらしなくなってしまった。

パスワードも覚えていない。(当時のブログが今もひっそりとどこかにあるのかと思うととても恐ろしい)

ブログを書きたい!と思った理由は大きく2つある。

1つ目は、Twitterの存在である。
私は数年前まではサイトを持ち、ブログでひっそりと趣味に関するあれこれを吐き出していた。しかし、コミュニケーションのいちツールとしてTwitterのアカウントを持つようになってから、サイトもブログもログインすらしなくなった。


私は沢山の方と交流ができるTwitterが大好きだが、それと同時にさまざまな情報の波に押し流されそうになることがある。
例えば、素晴らしい作品と出会った時。Twitterで実況しながらその時々の作品に対する感情を呟くことがある。しかし、呟くだけで満足してしまうことが増えてしまった。
のちほど「あの時はどう思ってたかなあ」と作品に対する初見の感想を辿ろうとしても、Twitterという情報の海では十分に遡れない時がある。


この歳になって、作品に出会った時の自分の気持ちを大切にしたいと思うようになった。


とても素敵な作品に出会った時、自分はどう感じていたのか。


このブログという場で、少しずつ綴っていきたい。


2つ目は、今年は何か目標を決め、新しいことに挑戦したい!という大雑把な感情である。


やりたいことをやって、楽しく生きたいなあと思っていたら、あっという間に干支が2周してしまった。


正月早々おみくじを3回程引いたが、良くて小吉であった。日常生活にけじめがない、よりいっそう努力せよ、などなど……耳の痛い話である。

仕事は仕事で頑張るつもりではあるが、私生活でも何か始めたいなあと思い、1つ目の理由も含め、丁度良い時期だと感じたため、ブログを開設することを決めた。

長々と書いてしまったが、今後はさまざまな作品に関することや、その時々に感じたことを綴っていきたい。

定期的に更新しよう……。